TEL:03-3400-5200

東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア3F

メール相談
表参道駅B3出口真上

表参道駅より徒歩1分の歯医者 青山歯科医院

歯科口腔外科

  • 歯科口腔外科
  • 小児歯科
  • インプラント
  • 自費治療料金
港区ドクターズ 患者様の声
HOME»  歯科口腔外科

歯科口腔外科とは

歯科口腔外科とは

歯科の代表的な病気といえば、むし歯と歯周病です。むし歯や歯周病が悪化すると顎の骨や顔面、首に症状が拡大して重篤な症状があらわれることがあり、まれには生命がおびやかされることもあります。

このように危険な状態に陥ったときに対応できるのは、口腔外科だけです。口の中やその周囲の顎の骨、顎関節、顔面、首を口腔・顎・顔面領域と呼び、口腔外科ではこれらの部分に起こる多種多様な病気を診察し、治療にあたっています。

当院ではこのような口腔外科としての治療を行うことが出来ます。親知らずの抜歯から事故等で救急の場合も治療が可能です。

入院が必要な場合も、提携する大学病院や総合病院をご紹介いたしますので安心してご来院ください。

歯科口腔外科とは

抜歯手術

抜歯は保存する事が困難な歯牙、または抜歯した方が周りの歯牙や噛みあわせのために良いと判断された場合、基本的には局所麻酔下にて行います。抜歯には以下の種類に分類されます。

  1. 普通抜歯 通常方向に萌出した歯牙の抜歯です。
  2. 困難抜歯 根が曲がっていたり、癒着していて歯を分割(ばらばらに削合すること)しなければ抜歯できないケースを言います。切開を入れたり縫合する場合もあります。
  3. 埋伏智歯抜歯 萌出スペースが乏しく斜めに萌出し手前の歯にひっかっかってるような状態の親知らずは、親知らず自体や手前の歯がむし歯になりやすく、また食べ物のカスが貯まりやすく、親知らずの歯茎が腫れて抜歯の対象となります。

    普通抜歯とは違って、切開を入れ、周りの骨組織の削除や歯牙自体の削合も必要となり、術後の腫れや痛みを伴う場合があります。

切開

歯茎の周りや歯の根っこの先に膿が貯まり、腫れてきた場合、局所麻酔下において膿を出す目的で骨膜下を切開し、症状を緩和させる処置です。

歯根端切除術・膿胞摘出術

歯の根っこの先が感染し、膿の袋を作って腫れてきた場合などに行います。簡単に言うと、抜歯をせずに歯茎を切って膿の袋を摘出し、原因である根っこの先(感染源)を切除します。
これも術後、腫れや痛みを伴う場合が多いです。

歯周外科手術

強度の歯周病のために、歯の周りの歯肉を切開し、原因である歯石や不良組織を外科的に切除する方法です。歯肉弁切除術や、歯肉弁剥離手術等があります。

インプラント

歯牙の無い所に、チタン製の人口の根っこを埋め込む方法です。周りの歯を削らなくて良い上、入れ歯しか入れられない所へも施術が可能です。
ただし、保険が効かない点と、歯が入るまでの期間が長い事が欠点となります。

口腔がん検診

港区では、無料の「口腔がん検診」を行っております。ほっぺたの粘膜組織や舌、歯茎に気になる潰瘍や膀隆、しこり、等がありましたら、精査の上、場合によっては細胞診を行って診断いたします。万が一悪性が疑われる場合には、港区の連携病院や都立癌研有明病院等へ即座に紹介が出来る態勢を取っております。

設備紹介

【歯科用CT】

3Dでのレントゲン撮影が可能なため、より精度の高い治療ができます。

【生体情報モニタ】

外科治療中の患者様の全身状態を的確に把握するための全身状態の監視装置です。

青山歯科医院では笑気吸入鎮静法による歯科治療を行っています。痛み・不安・恐怖感などがやわらぎリラックスした状態で安心して診療が受けられます。

【口臭測定器】

ガスクロマトグラフィーを使った精度の高い口臭測定を行います。
「口臭の原因が何か?その程度は?」を数値で分かりやすくご説明致します。

提携病院・診療所

  • 慶応大学病院
  • 東京慈恵会医科大学病院
  • 東京済生会中央病院
  • 国際医療福祉大学三田病院
  • 東京都立広尾病院
  • 虎ノ門病院
  • 日本歯科大学病院
PAGE TOP